雑記帳

ちょっとした文章とかメモ書きとか。

UbuntuへGentoo Prefixを入れてみた

Gentoo Prefixてなんぞ

Gentooのパッケージシステムのportrageを他のプラットフォームへ移植する試みとして
Gentoo prefixというものがあります。
インストールの仕方の詳細は以下。Solarisと有りますがLinuxへも共通です。

http://www.gentoo.org/proj/en/gentoo-alt/prefix/bootstrap-solaris.xml

インストール

いざインストールするとなるとgccのemergeで詰まってしまいました。

$emerge --oneshot --nodeps "=sys-devel/gcc-4.2*"

この部分です。

このemerge失敗の原因は
libc,libgomp,libpthreadなど通常は/usr/lib配下にあるライブラリ群がUbuntuでは/usr/lib/i386-linux-gnu以下に配置されているからです。
そこらのライブラリを/usr/libへリンクしてやります。将来的にフィックスされるかも知れません。

$sudo ln -s /usr/lib/i386-linux-gnu/librt* /usr/lib
$sudo ln -s /usr/lib/i386-linux-gnu/libc* /usr/lib
$sudo ln -s /usr/lib/i386-linux-gnu/libm* /usr/lib
$sudo ln -s /usr/lib/i386-linux-gnu/libgomp* /usr/lib
$sudo ln -s /usr/lib/i386-linux-gnu/libpthread* /usr/lib

など。

上から

  • librt(Real time拡張ライブラリ)
  • libc(GNU Cライブラリ)
  • libm(数学関数)
  • libgomp(Open MPライブラリ)
  • libpthread(pthreadライブラリ)

です。

他にgettextでこけました。
Gentoo prefixを乗っけるUbuntuにmono-mcsパッケージが入っているとgettextのconfigureでこけました。mono-gmcsパッケージでは問題ないようです。

インストールにはかなり時間が掛かるので時間が取れるときに気長にどうぞ。

インストールに詰まったときに手助けしていただいたGentoo Developerの@naota344さんに感謝。

gcc-4.5.3/gcc-4.6.1やら管理できてよさげ。
訳有ってUbutnuのgccが4.4.5なのでKernelコンパイルの時にgcc切り替えるのが面倒だったんですがこれは使えますよ…ね?

make.confはこうなってます:

CFLAGS="${CFLAGS} -L/lib/i386-linux-gnu"
LDFLAGS="${LDFLAGS} -L/lib/i386-linux-gnu -L/usr/lib/i386-linux-gnu -L/usr/lib/mono/2.0/"
USE="unicode nls"
CFLAGS="-O2 -pipe -march=nocona"
CXXFLAGS="${CFLAGS}"

では。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。