雑記帳

ちょっとした文章とかメモ書きとか。

Ubuntu 12.04LTS へGentoo Prefixをインストールする No.2

Ubuntu 12.04 LTS へGentoo Prefix をインストールする
という記事を書いてしばらくしたらGentoo Prefixのインストール手順が変わっていたのでメモ。

この手順通りのインストールでは公式は未サポートと明言していますが、
Debian系独自のパッチが当たっている(?)ビルドツールをインストールしないようにすれば問題を回避することができます。

Ubuntu 12.04 LTS にインストールする手順

最初は同じく、bootstrap-prefix.shを持ってきて$EPREFIXを設定した後:

$chmod 755 bootstrap-prefix.sh
$ ./bootstrap-prefix.sh $EPREFIX/tmp stage1

をします。

この次のPortageをインストールするするところも同じく、

$ ./bootstrap-prefix.sh $EPREFIX stage2

で終了です。

これでemergeコマンドが使えるようになります。

その次にすることはemerge…ではなく。

$EPREFIX/etc/portage/profile/package.providedというファイルを作成します。

以下のようにします:

app-arch/bzip2-1.0.6
app-arch/gzip-1.4
app-arch/tar-1.26
app-arch/xz-utils-5.1.1
app-editors/nano-2.2.6
dev-db/postgresql-base-9.1.6
dev-db/postgresql-base-9999
dev-lang/gprolog-1.4.1
dev-lang/perl-5.16.0
dev-libs/libpcre-8.12
dev-libs/openssl-1.0.1
dev-libs/popt-1.16
dev-perl/Locale-gettext-1.50.0
dev-util/intltool-0.50.2
dev-vcs/darcs-2.8.1-r1
dev-vcs/git-1.7.12.3-r1
dev-vcs/subversion-1.7.12
net-libs/neon-0.29.6
net-libs/serf-1.0.0
net-misc/openssh-5.9_p1
net-misc/wget-1.14.4
net-misc/wget-1.13.4
sys-apps/coreutils-8.13
sys-apps/diffutils-3.2
sys-apps/file-5.09
sys-apps/findutils-4.4.2
sys-apps/gawk-3.1.8
sys-apps/grep-2.10
sys-apps/groff-1.21
sys-apps/less-444
sys-apps/man-pages-3.35
sys-apps/sed-4.2.1
sys-apps/texinfo-4.13
sys-devel/autoconf-2.70
sys-devel/automake-1.11.3
sys-devel/binutils-2.22
sys-devel/bison-2.5
sys-devel/flex-5.35
sys-devel/gcc-4.6.3
sys-devel/gcc-4.2.4-r01.4
sys-devel/gettext-0.19.1.1
sys-devel/libtool-2.4.2
sys-devel/m4-4.16
sys-devel/make-3.81
sys-devel/patch-2.6.3
sys-kernel/linux-headers-2.4.21
sys-libs/gdbm-1.9.3
sys-libs/ncurses-5.9
sys-libs/pam-0.77
sys-libs/zlib-1.2.3.4
sys-power/acpi-1.6
sys-power/acpid-2.0.10
sys-process/at-3.1.13
sys-process/procps-3.2.8_p11
x11-base/xorg-x11-6.8.0-r1
x11-terms/xterm-196

この後に、

$ ./bootstrap-prefix.sh $EPREFIX stage3
$ cd $EPREFIX/usr/bin
$ hash -r
$ ln -s /usr/bin/perl .
$ emerge -e system

とします。

前よりも手順が簡素化されてていいですね。

make.confは以下のように作成しました。

USE="unicode nls binary -berkdb binary"
#env FEATURES="-collision-protect"
PLATFORM="x86_64"
CFLAGS="-O2 -pipe -march=native -I/usr/inlude/${PLATFORM}-linux-gnu"
CPPFLAGS=${CFLAGS}
CXXFLAGS=${CFLAGS}
LDFLAGS="${LDFLAGS} -L/usr/lib/${PLATFORM}-linux-gnu -L/lib/${PLATFORM}-linux-gnu"
CHOST="${PLATFORM}-pc-linux-gnu"
GENTOO_MIRRORS="ftp://ftp.jaist.ac.jp/pub/Linux/Gentoo/"
#SYNC="rsync://rsync.jp.gentoo.org/gentoo-portage/"
MAKEOPTS="-j2"

Debian系のMultiarchの影響でCFLAGSとLDFLAGSを少しいじりました。
32bitなUbuntuを使っている場合はx86_64の部分をi386に変えてみてください。

emergeコマンドで管理するのは慣れるととても楽でいいですね。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。