雑記帳

ちょっとした文章とかメモ書きとか。

bundlerでmikutter

mikutterにはdevel/debian配下に開発用スクリプトがあったのですが、明らかに更新されてないのでbundlerを使ってみることにしました。

bundlerはGemfileを必要とします。

mikutter用の最低限のGemfileは次のようになります。

source "https://rubygems.org/"
ruby '2.0.0'
gem "gtk2"
gem "ruby-hmac"

これで、bundleの管理下に依存関係を解決したgemが入ります。

$ [sudo] bundle install

すると、bundlerがgemを管理するようになります。

rbenvをインストールして、更にruby-2.0.0p0をインストールした上で上記のコマンドを使えばシステムのrubyの更新が遅くても快適なruby環境が手に入ります。

rbenvを用いてインストールした場合のmikutterの起動スクリプトの一例:

#!/usr/bin/env bash
#mikutter directory
GEM=<path to mikutter>/mikutter.rb
DIR=<path to mikutter>
RUBY=/home/`whoami`/.rbenv/shims/ruby

cd $DIR
$RUBY -rubygems $GEM

追記:上の方法だと–path指定したものが読み込まれないので、
bundlerを使っているならbundle execしたほうが良さそうです。

#!/usr/bin/env bash
#mikutter directory
DIR=<path to mikutter>

source ~/.bashrc
cd $DIR
bundle exec ruby mikutter.rb
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。