雑記帳

ちょっとした文章とかメモ書きとか。

mikutterを使い始めて3年以上経っていた話

mikutterアドベントカレンダー21日目の記事です。

回想

mikutterは主にLinux向けのTwitterクライアントのため、
mikutterの為にLinux機のメモリを4GBから8GBにしたり、
mikutterを常に表示させておきたいがためにLinuxでデュアルディスプレイにした事を今でも覚えています。

丁度mikutterがRuby 1.8を切ろうとしていた時期なのでおよそ3年前くらいでしょうか。
(2011年11月の頃のようです。)

Linuxではmikutterが快適に動くため、
これまでWindowsばかり使ってきたのですが、メインマシンに入れるOSもUbuntu Linuxとなりました。
この時はまだUbuntu 10.04 LTSが出た時くらいで、ようやくLinuxでの生活が慣れてきた頃です。

あれからずっとUbuntu Linuxを使い続けてきました。Ubuntu Linux 12.04 LTSの頃に64bit版に乗り換え、より多くのメモリをmikutterに捧げる事ができるようになりました。この頃からEmacsを本格的に使い始めていたようです。

現在

思えばかなり時間が経っています。

mikutterを動かす用に新調したマシンは今は実験環境になっています。(今も正常に動かす事ができます)

mikutterの薄い本に寄稿したり、なんやかんやでRuby-GNOME2にコミットしたり、
回り回ってWindowsを使い始めたりしました(これは後ほど別のアドベントカレンダーにて)。

pluginを何個か作りましたが、timelineのfilterプラグインは未だに常用していて、
3.1になった今でも0.2向けのプラグインですが正常に動いています。

謎の後方互換性により最近はほとんど手を入れていませんが、ちゃんと動くようです。

mikutterは気軽にプラグインが書けるので、本体に無い機能でもそれを補えるプラグインが書けます。よいツイッタークライアントですね!

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。