雑記帳

ちょっとした文章とかメモ書きとか。

haroonga-httpdを書いた話

前にGroongaのHaskellバインディングのHaroongaを書いたので、どうせならHTTP越しにGroongaを使ってみたいと思っていたらつい書いてしまったというお話。

Github – haroonga-httpd

内部でHaroongaに依存しており、Groongaをライブラリとして呼んで使っています。

WebアプリケーションのフレームワークにはScotty(HaskellのSinatraクローン)を使っています。ScottyはSinatraのAPIに似せて作られていますが、内部で使っているWAIがConcurrentなため、ScottyもちゃっかりConcurrentになっています。

GroongaのHTTPのインターフェースほどしっかりパラメータをパースすると言うことはしていないです。。。

http://localhost:3000/d/<Groonga command>

のようなURLでアクセスするとGroongaのcommandがharoonga-httpdの動いているマシンで実行され、結果がGroonga互換のjsonで返ってくるようになっています。

起動のさせ方はGithubのREADMEなどを見ていただけると。

HaskellでもちゃんとGroongaがライブラリとして使えていますね!!

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。